クレジットカードの支払いで詐欺にあいかけた話

2019年8月中旬頃、私はイヴサンローランの化粧品が欲しくてネットでいろいろ検索していました。
高いな~と思っていたのでどこのサイトが一番安いか検索していました。
丁度検索の途中で見ていたインスタグラムの広告で出てきた韓国の通販サイトで欲しかった化粧品が販売されていました。
そのままサイトへ飛ぶとどこのサイトよりも安い金額で化粧品が出ていたので購入する流れになりました。
何度かアマゾンでクレジットカードを利用し購入したことがあったのでネット通販への抵抗はあまりありませんでした。
韓国のサイトで購入画面になった時、アマゾンのIDとパスワードを入力する画面になりました。
普段だと何回か利用しているので入力をしなくてもIDとパスワードが自動的に入力されており、OKボタンを押すだけでしたが、
韓国のサイトだからかなと勝手に理解し、なんのためらいもなくIDとパスワードを入力しました。
クレジットカード情報も登録されているはずなのに再度入力の画面が出たので入力しました。
何度かエラーになり少し不安になりましたが完了画面までいきました。
次の日、会社の同僚にそのことを話すと「そのサイト詐欺だよ!」と教えてもらい急に不安になった私は昨日見た画面を再度見ようと開くと
エラーで何も見えませんでした。
クレジットカード会社に連絡したところまだ引き落とされていなかったので、すぐに利用を停止しました。
その後サイトや確認メールで連絡をしましたが、商品が届くこともなく連絡が返ってくることもありませんでした。
クレジットカードは便利で使いやすいものですが詐欺にも使用しやすいということを改めて実感し、
なるべく名の知れたサイト以外では使用しないようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です