MY DAYS BEFORE INSTAGRAM.

記録でも記憶でもない何か。

 iPhoneで撮影してインスタグラムにアップロードするという楽しみを見つけるまで、正方形フォーマットのフィルムカメラやカメラ機能付きの携帯やデジタルカメラを使ったりしてみたものの、ポラロイド写真を撮る時のように心が浮き浮きすることはありませんでした。ポラロイド社による専用フィルムの生産が終了するという事態がなければ、もしかしたらいまも、ぼくはポラロイド690というカメラで何かを撮り続けていたかもしれません。
 今回の展示のために、未整理のまま放っておいた大量のポラロイド写真をあらためて見直したのですが、いまインスタグラムで嬉々としてやっていることと、興味の対象はまるで一緒で、撮り方もちっとも変わっていませんでした。ポラロイド690とiPhoneとは、どうやらぼくにとってまったく同じ意味を持ったもののようなのです。何よりもまず、この二つの精密機器を使って撮影したものを「写真」と呼ぶことに躊躇いを感じるところが、すごく似ています。ポラロイドとインスタグラムは「記録」と呼ぶほど素っ気なくはなく、でも「記憶」だと言い過ぎのような何かです。それで「DAYS」と名付けてみたのですが、どうでしょうか。個人的にとてもしっくりきます。
 かつでぼくは、自分が撮影したポラロイドを安物のスキャナーでデジタルデータにし、せっせとブログを書いていました。タイトルは「HERE TODAY」。ビーチボーイズのアルバム『ペットサウンズ』から勝手にいただいた言葉です。ある日、友人のマイク・エーブルソンがそのタイトルを褒めてくれました。「いまここにあるものは、明日にはなくなっているかもしれない。そういう切なさが裏にあるからきれいなんだよね」と。まるで気づいていなかったのだけれど、たしかにビーチボーイズの歌詞も「Love is here today」というフレーズの後に「And it’s gone tomorrow. It’s here and gone so fast」と続くのです。
 ぼくの好きだったポラロイドは消えてしまいました。インスタグラムもいつか違う形のサービスになってしまうかもしれません。だからこそ、今日を楽しもうと思います。

岡本仁

【MY DAYS BEFORE INSTAGRAM.】

会期 2/21 (sat) – 3/8 (sun)
会場 LIFE IN THE GOODS. 
福岡市中央区大手門1-8-11サンフルノビル2F
営業 11:00 – 20:00 入場無料
会期中休み 2/25 (wed)、3/4 (wed) ※2/28 (sat)はトークイベントのみ

【トークイベント「ポラロイドのこと、インスタグラムのこと」】

ゲスト 岡本 仁 対談ゲスト 常盤 響

日時 2/28 (sat) 15:00より (開場14:00)
会場 LIFE IN THE GOODS.
料金 1500円 (駒屋の豆大福付き)
定員 30名 (予約制) 定員に達しました。

岡本 仁(おかもと ひとし)
マガジンハウスにて『BRUTUS』『relax』『ku:nel』などの雑誌編集に携わった後にランドスケーププロダクツに入社。編集やプランニングなどを担当する。『暮しの手帖』に連載中の「今日の買い物」はすべてiPhoneで撮影。著書に『今日の買い物。』『ぼくの鹿児島案内。』『ぼくの香川案内。』などがある。雑誌連載をまとめた『果てしのない本の話』が発売されたばかり。
インスタグラムのアカウント http://instagram.com/manincafe

常盤 響 (ときわ ひびき)
フォトグラファー/ デザイナー
1966年東京生まれ。
80年代半ばからバンド活動の傍ら雑誌を中心にライター、イラストレーターとして活動を開始。90年代に入りヤン富田氏の依頼でASTRO AGE STEEL ORCHESTRA『ハッピー・リビング』のデザインを手がけたことによりCDジャケットを中心ににデザインを始める。1997年旧知の作家、阿部和重氏の依頼で『インディビジュアル・プロジェクション』を装丁。この装丁のためカメラを購入し初めて写真を撮った事がきっかけでフォトグラファーとしての活動を始め、既存の概念にとらわれない作風で人気を得る。2011年より福岡在住。